固定費の見直し

住宅ローンなどのローンです。ローンについてはたくさんの方法があります。先ず住宅ローンですが、借り換えをオススメするのと同時に、繰り上げ返済をオススメします。

この二つを完全にマスターすれば、おそらくかなりの勢いで支出を減らすことができて、なおかつ貯蓄効率が劇的に上がります。

住宅ローンは固定で組むか変動で組むか年数を何年単位にするかなど細かい区分けがあり、都度金利が変化しています。素人は詳しく分からないため銀行員に任せがち。

しかしそこを一歩踏み込んで頭を使って足を使って、何十万か浮かせましょう。おそらく金利が0.1%変われば年で10万はかわります。それを繰り返し続けたら。もう何となく答えは見えていますね。+団体信用生命保険に入られる方は生命保険のプランを下げましょう。

このあたりのお話が分からなかったら無料でFPに相談してみましょう。FPの力を借りて、自分の力を使って、何なら配偶者の力も使って、何馬力にして他人事でなくて自分事にしてこの大きな難敵ローンと戦いましょう。その先にはきっと最高の答えが見えて来ると私は信じています。

まずは一歩踏み出しましょう。

自炊生活で食費の節約をするには

自炊生活にすると、食費の節約になるといいますがどのようにして節約をすれば良いのかわからない方は沢山いると思います。

この食材を中心にすると節約が上手くいく食べ物ベスト5をあげていきます。

まず1つ目の食材は、卵ですこれは節約していくには欠かせません。1つ辺り10~20円程度なのにも関わらず、栄養も高いし料理のバリエーションも豊富になるからです。2つ目はモヤシです。これは思い付く方多いのではないでしょうか。モヤシも卵と同じように栄養かが高く安いという利点があります。それにモヤシは食材のかさましにも使えるのでなくてはならない存在です。

3つ目は豚肉の細切れです。スーパーでよくお徳用で売られていて1000円ほどなので高いと思われがちですが、購入後小さいビニール袋等に小分けして冷凍しておけば、3~5日ほど使い回すことができます。なので1000円で買っても1日辺り最大でも300円ほどなので、節約にはうってつけです。4つ目は鶏肉全般です。鶏肉は基本的にすべて多少の違いはあれど100グラム100円を下回るので、鶏肉は節約食材に向いています。

最後に5つ目ですが、以外と思われるかもしれませんが、お米です。と言っても新米を買っては意味がありません。去年のものでもお米は十分美味しく食べられるので古米を買いましょう。

いかがでしょうか?今後の節約に役立てるものはありましたか?無理はせず、楽しく節約していきましょう。

ホットペッパー活用しています。

最近、節約のため自分のお小遣いを少なくしました。そのため、美容室代節約のため、ホットペッパービューティーを活用しています。ホットペッパービューティーは、美容室の数も多くのってるし、インターネットで予約もとれるので便利です。便利だけではなくて価格もすごいです。

カットとカラーで3900円のクーポンを出している美容室が数件、近所にありました。いままで、カットとカラーは、6000円ぐらいは、かかっていたので価格が安くてびっくりしました。実際その美容室に行ってみると、いつも行くような美容室と変わらなくオシャレで丁寧にカラーとカットをしてもらえました。これはすごいと思いました。

私は、半年に1回ぐらい縮毛矯正もしているので縮毛矯正のクーポンもカットと縮毛矯正で7500円とかもあり、本当にたすかるなーと感じました。美容室代の節約に成功です。インターネットは、本当に便利で節約に欠かせないものになりました。

ホットペッパービューティーのおかげで、美容室代節約できるし、キレイにしていられるので助かります。これだけ安いと、お小遣いで美容室代払えるから罪悪感もなしに美容室に行けます。美容室は高いからホットペッパービューティーのクーポンがあって本当によかったです。これからも大活躍です。

コツコツ頑張る

あまり無理をしすぎると長続きがしないので、基本的に月に1回は贅沢をするというルールを決めて取り組んでいます。その贅沢は、何をしても構わないけれど、月2万円までの贅沢です。また、貯金の額も決めて月8万円と決めて頑張って貯金をしています。

仕事が忙しかった時は、貯金のことは全く考えず、1回3000円近くするマッサージに毎週通ったりしていましたが、最近は転職を機に仕事は忙しくなくなったので、自分でマッサージしたり、ストレッチをしたり、筋トレをしたりしています。

やはり、基本的な体力づくりは病院に通う頻度も減って大切なんだなと実感しています。また、前職では、お弁当を持参することも難しいくらい仕事が忙しかったのですが、今はお弁当を作ったり、冷凍ご飯を置いたりすることで、食費と電気代を浮かしています。

最近では、結構身近にあるお店が何でも引き取ってくれたりするので、自分の家の掃除も兼ねて、不要になた本や電化製品を売ったりして食費に回すなどということもしています。あとは、コンビニでお金を卸す手数料が塵も積もれば…で結構大きいので、なるべくクレジットカードで済ませられるところはクレジットカードで払い、クレジットカードのポイントを貯めることを意識したりしています。

貯蓄のコツは、はじめから入らなかったものと考えて、ためることです。

人間は弱いものです。手元に入ったお金から、貯蓄をするのは、とても大変です。給料から、まずいくらかを貯蓄します。でも、手元に通帳があると、月末にお金が足りなくなった時に、ちょっとここから借り出しておこう・・と、ついつい貯蓄に手を付けてしまいます。

始めから、一定額を給料から天引きして、貯蓄をするのが、一番のおすすめです。手元に来ないのですから、始めから無かった!と、思って生活するのです。手元にないということは、使いようがないということです。

「緊急非常」の際には、受け散ることもできますが、手続きが大変です。銀行の受け払い機で、カードを入れたらすぐお金が出てくるというわけにはいきません。

このめんどくささが、貯蓄するために役に立ちます。まずは少しからで良いですから、天引きで貯蓄を始めましょう。給料がアップしたら、天引き額も増やしましょう。

手元に来なければ、なかったものとして暮らしていけばいいのです。

無料の水で、節約

今日は、わたしが日々行なっている節約術についてお話しようと思います。

一部のドラッグストアやスーパーの隅に、給水機が設置されているのに気付いたことはありますか?

お店で専用の給水ボトルをもらえば、いつでも無料で水を持ち帰ることができるんです。

給水ボトルの購入時だけ、数百円のお金がかかります。しかしその後は無料なので、お茶や水のペットボトルを購入したり、家で水を煮沸することを考えれば、遥かにお得になっています。美味しい飲料水が持って帰れたり、給水機でボトル洗浄もできたりと、性能も高くなっています。

わたしは以前、毎日のようにお茶や水を購入していました。できるだけ安く買えるようにディスカウントストアなどにも行きましたが、毎日のことなのでばかにならない金額でした。

そんな時に、新しくオープンしたドラッグストアで給水機の案内を見て、さらにその時はボトルが無料で配布されていたので、飛びつきました。

近所にお店があると気軽に寄ることができますし、今まで飲み物にかけていたお金のことを思うと、毎月3000から5000円の節約になっています。

きれいな水なので、お米を炊くときや、調理にも使うことができて、家事も気持ちよく取り組めるようになりました。

ぜひ、近くのスーパーなどをチェックしてみてください。

貯蓄に最重要なのは目的の明確化

貯蓄をするなら第一に、何に必要なお金を貯めるのか、目的を明確にすることだと思います。目的を明確にすることで、頭を整理しやすいですし、貯蓄に対するモチベーションも上がります。

貯蓄の目的は何でもいいですよね。教育資金、老後の資金、家の購入資金といった堅実な目的や、自動車や洋服、あるいは宝石でも旅行費用でも、あなたが必要とするもの、嬉しくなるものを。

そして、できるだけ喜びを感じるように、目的を楽しくイメージしましょう。

貯蓄も節約も楽ではありません。ですから目標達成後に待つ世界をしっかり脳裏に刻んで、自分の励みにすべきと考えます。

目的がはっきりさせられたら、次にいつまでにいくら貯めるか、ゴールを決めましょう。ゴールを迎えた暁には、喜びが待っています。喜びを迎えた時をイメージして、そのわくわく感を忘れずにいましょう。

貯蓄の目的を自分にはっきりと納得させたら、家計の流れを把握しましょう。光熱費や学校費、保険料や通信費等、固定費がいくらかかるのか、食費や雑費、交通費や小遣いやカード利用等などの生活費にいくら使っているのか洗い出しが必要です。2~3カ月家計簿をつけてみると、家計の流れが把握できると思います。

家計の流れが明確になれば、予算立てです。どの項目に必要な金額がいくらなのか、再検討しましょう。

あなたの目的を達成するには、月々にどれくらいの貯蓄額が必要ですか?その金額を捻出するには、どの項目にどれだけの予算を立てれば良いでしょうか。また、ライフプランも同時に考慮して、今予想できる範囲で、何年にはどんなことでお金が必要になるのかも同時に考えてみましょう。

じっくり時間をかけてでも、無理のない貯蓄額を設定することが重要です。先は長いと考え、実際のやり繰りでも少しの失敗なら、次に生かして改善すればよいですね。

貯蓄を計画するだけで、家計全体を見直す作業をしなければならないと思うと、気が萎えるかもしれません。が、家計の流れの把握は、いつかは必要になるものだと思います。貯蓄の決心を機会にして、より良い家計、夢ある将来を目指してみませんか?

当たり前ですけど大型テレビを日中見ないようにするだけで…

これは私自身が実際に体験して今も節約の為に続けている事です。

当たり前ですけど大型の我が家は42インチですが、私は音がないとダメな人なので、この節約を始めるまで

AM3時?PM10時の19時間常にこのテレビを見てもいないのに付けっ放しにしていました。

正直、1人暮らしな事もありあまり今まで電気代というのを気にもしていませんでしたし、テレビを消した

位でそんなに電気代が変わる訳がないと思っていました。そんなある月、仕事の都合で日中一カ月間、家を空ける事になりました。

もともとテレビ以外はほぼ電気を使っていなかったのでどうせ翌月の電気代も変わらないだろうと思い、一カ月間、日中テレビを

見ない生活が続きました。私は電気量の支払いはクレジットカードで毎月の検針票や請求書などはその電力会社のホームページにアクセス

して確認を取る方法で登録しているので毎月通り、電力会社のホームページにアクセスして電気の使用量と請求額を見てみると…

なんと日中テレビをつけていた月よりも1000円も電気料金が安くなっていました。

正直、ここまで変わると思っていなかったのでそれ以来、今もそうですが日中のテレビは辞めました。

どうしても見たい番組等はスマホで見ています。節約ってハマると楽しいです。

すぐ実践できる、家庭での節約方法

我が家の家庭においての節約というと、まずは携帯電話料金の見直しを行いました。携帯電話プランや契約会社の見直し、格安SIMにするかどうか等、検討しました。端末の分割払いがある場合は支払いが済んでから、また契約期間をしっかり確認し、解約料が出ない時期を選ぶといいです。携帯電話会社を変更するとなるとどうしても諸経費(事務手数料など)は掛かりますが、毎月の料金が下がるのであれば、長い目で見て節約になります。

地味なところでの取り組みでいえば、こまめに電気を消すこと。我が家では、人がいない部屋では必ず電気を消すようにしています。男性はそういうところが少し無頓着なように感じますが、私は主人に「電気から1円がパラパラ落ちていると思って」と話して協力してもらっています。家庭のトイレがウォシュレット対応の場合、トイレ使用後は蓋を閉めると、便座を温める電気代を節約も出来るそうですよ。

また冬はどうしても暖房が必要になります。エアコンの暖房機能の場合、弱で運転し続けるよりも、自動運転にする方が節約になるそうです。乾燥対策としては加湿器もありますが、我が家はそれで電気代が2万円を超えたことがあり、それ以来、洗濯物の部屋干しと乾燥が気になったときはお湯を沸かして加湿をしています。ガス代は電気代ほど急に上がらないように感じるので、お薦めですよ。

すぐに生活に取り入れられる節約方法、いかがでしょうか。

物が溢れている時代だからこそ

景気回復や株価の上昇といった言葉が世の中では聞かれるものの、それが給与にはなかなか反映されていない現状で、将来の不安や子供のことなどを考えると、多くの人が少しでもお金を残しておきたいと考えるものです。

節約や貯蓄を頭の中で考えると、どうしても食費や娯楽費を削るイメージを持ってしまいがちですが、毎日育児や家事、仕事を頑張る上で、体を作る食費やストレス発散である娯楽費を過度に節約してしまうのは、長続きしないので気を付けなくてはいけないのです。

では、どこを節約したらよいのか、それは洋服や生活用品にかけるお金です。

そんなに洋服や生活用品を購入していないと思いがちですが、家にあるもので普段着ている服や使っている生活用品というのは、案外少ないものです。

いつかお客様がきたときに、特別な日に、そう思って押し入れにいれたものも、使用したい時には傷んでいたり、奥にしまいすぎて取り出せなかったり、そういった使っていないものに、多くの人はお金とそれを保管する空間を無駄にしているのです。

近年では、いろんなものが安い値段で手に入るようになってきました。

その代表例ともいえるのが100円均一です。

安いからと、ついついいろんなものを買いすぎてしまい、家に帰ってみると同じものを購入していた、購入したはいいけれど使っていないものが案外あるものです。

また、購入し使ってみたけれど、すぐに壊れてしまった、使い勝手が悪いなど、商品によってはこういったものもあります。

何でも手に入りやすくなったからこそ、自分に何が必要で何が不必要なのかしっかりと見定めることができるようになれば、自然と無駄使いも減り時間もお金も余裕がでてくるのです。