食品の買い出し節約術

私の家族は主人二歳児の娘と私の三人なのですが、二歳児の娘の食欲が凄くてすでに幼稚園児くらいの量をペロリと完食してしまいます。

当然食費もうなぎ登り、でも幼い娘の口に入る食材は国産の物を買いたいと思ってしまう。

いつも買い物をするスーパーは火曜日に肉の特売、木曜日に野菜の特売をするので広告でチェックして買い物メモを作り、買いたい物の項目のところに広告に載ってる値段も記入します。

例 ほうれん草(98)

こうすることによって、安くても新鮮な食材を買えるし余計な買い物もしなくて済みます。

キャベツは半玉で買うと切り口のところから痛んでしまうので一玉購入してキャベツの芯をくり抜き濡らしたキッチンペーパーを詰めて軽くラップをかけて袋に入れて野菜室に保存します。

こうするとキャベツは一週間は新鮮でパリパリな状態で食べれます。

ちなみにクックパッドからの情報源です。

一週間の献立を考えて必要な材料をメモに書き出してから買い物をする。これだけで無駄な買い物がぐっと減ります。

買い物もれもないので無駄手間も省けるし、ついつい余計な物を買ってお金足りないよーということもなくなりました。

節約はするけど美味しいご飯も食べたい。

この買い物節約術で夫婦2人のときより食費が減っている我が家です。

続きを読む

デートでの節約方法。

私には恋人がいますが、二人ともお金がないため、節約デートをしています。

節約デートでおすすめなのが公園でのデートです。

近所の少し大きめな公園へ行きましょう。

好きな人となら一緒にいるだけで幸せです。

更に公園で手をつなぎながらいろいろな話をして歩くのはとても幸せです。

お昼には手作りのお弁当屋おにぎりを食べましょう。

お互いに交代で用意してくるのがおすすめです。

それぞれの家庭の味を知ることができて楽しいですよ。

朝作った料理を食べるのも良いですが、前日の夕飯の残りでも十分に嬉しいです。

それこそ家庭の味がわかるためです。

おにぎりであっても、家庭によって違いはあります。

握り加減や中身の具、乗りの巻き方など、家庭によって異なるのです。

節約してお互いのことを知ることができて良いことばかりです。

公園デートに飽きた時におすすめなのが、お祭りデートです。

お祭りでは歌やダンス、大道芸などのイベントが目白押しです。

面白いイベントを無料でみることができるのです。

公園やお祭りであっても、そこまでの交通費がかかることもあります。

そういった時にはできる限り徒歩で行けば交通費の節約になります。

公園デートと同じように、二人で手をつないで歩くだけで幸せなのでおすすめです。

続きを読む

貯蓄に必要なのは、一週間分の使えるお金を決める事

貯蓄ができない人の特徴として言い訳が多いというのがあげられます。今月は誕生日があったから出費が多かったなど貯蓄できない理由を正当化する方向があると思います。貯蓄ができる人は、出費があっても他で調整し、絶対に無駄な出費をしない人だと思います。どんな理由があろうと出費を抑える事が貯蓄する秘訣です。

貯蓄するには、使えるお金を封筒に分ける事と一週間分の家計簿をつけることが大事だと思います。家計簿はあまり細かくつけ過ぎると疲れてしまうので、大雑把で良いのですが、いくらお金を使ったかを把握することが大事なので家計簿は必要です。まずは一週間で使えるお金を封筒に入れて、絶対にそれ以上は使わないようにします。

もしも使ってしまっても翌週で挽回すると良いでしょう。我が家の場合は一週間1万円と使えるお金を決めて、その中で食費、雑費、衣類、娯楽と何に使っても良いので1万円と決めています。例えばほしい洋服があり、洋服が2千円だとしたら我慢せずに買って、その週は残りの8千円でやり繰りします。

そうする事でストレスがたまりません。家計簿も細かく付けずにその週にいくら使ったかを把握すると無駄な出費を抑えられるので、ずぼらでも貯蓄ができるようになります。

続きを読む

工夫を1つして貯蓄を長く続ける

我が家の電気代節約術を紹介します。

まず冷蔵庫の電気代を節約するために、冷蔵庫の設定温度は夏場は中、冬場は弱に設定しています。

冬場は弱でも十分冷蔵庫の中は冷えます。

次に、冷蔵スペースは隙間が空くくらい、7から8割りくらい中身を入れ、冷凍スペースはぎゅうぎゅうに詰めています。

そして、冷蔵庫の横、上には何も置かない、貼らないようにしています。

そうしないと熱が逃げないので、電気代がかかってしまいます。

何も置かない、貼らないだけでなく、冷蔵庫と壁や他の家具の間にはきちんと隙間を空けておくことが大切です。

他にも、冷蔵、冷凍する際はきちんと熱いものは冷めてから入れるようにしています。

エアコンの電気代を節約するためには、まず冬場はエアコンの設定温度を低め、夏場はエアコンの設定温度を高めにしています。

一度違うだけでもかなりの節約になります。

エアコンの設定温度を下げるなら、風量をアップさせる方が節約になります。

冷たい風は下に、暖かい風は上に行く性質があるので、夏場は風向きを上に、冬場は下向きにしたら部屋全体が効率よく温度調節できます。

最初に付けたときに一番電気を使用するので、ちょっとその場を離れるくらいならつけっぱなしにしておいた方が節約になります。

続きを読む

500円玉貯金法

お金は自然となくなっていってしまうものです。

そこで、お金を少しずつ貯金しようと思い、私は500円玉貯金法で貯金をしています。

この方法は、その名の通り、500円玉だけを貯金していく方法です。

貯金と言うものは、続けることが大切になってきます。

無理なく楽しく続けて行けるような方法で行っています。

まず、第一段階として、家にいる時で気が向いた時に財布を除いて、500円玉があったら貯金します。

これなら気が向いた時だけなので、無理なくできます。

そしてこの段階に慣れたら次の段階です。

第二段階では、買い物をした際に500円玉が発生したら、その後の買い物では使わず家へ持って帰り、貯金をします。

これにも慣れてきたら最後の段階です。

最終段階では、自ら500円玉を発生させます。

500円以下のものを購入する時に、小銭があってもお札を出すのです。

例えば、200円のモノを購入するのであれば、1000円札を出せば、おつりとして800円が帰ってきて、500円玉が発生します。

200円のモノでも、700円のモノを購入したつもりで買い物をすれば、お金の減るスピードにもついていけます。

この方法であれば、買い物をする度に貯金ができるのでおすすめです。

第一段階からしっかりステップを踏んで、500円玉貯金を是非身に付けてください。

続きを読む

「お得な〇〇」は、実は節約の大敵?

30代後半、節約修行中の主婦です。節約をたしなむ皆様にとってはもはや定番とは思いますが、何かを購入する際に商品を比較し、一番自分にとって「お得な」ものを選ぶ、という作業は大切なことです。

ですが、その段階でいかに売る側の戦法に踊らされないか…そこまで把握してスーパーに向かう人と言うのは、実はあまりいないのではないでしょうか。

私が良くいくスーパーでは、個別の値段に併せて、キロ単位の値段が小さく添えて表記してあります。そこをよく見ると、「お買い得品」とあっても実際には容量が小さいだけの割高品であったりすることがよくあります。「〇グラムお得な増量中!」という宣伝文句も同様です。

その観点でいくと、実際一番値段と質とでバランスがとれている…というのはスーパーのホームブランド、というケースがよくあります。ですから私が購入するのは、スーパーのホームブランドばかりです。またこのホームブランド商品は、値段の変動が少なく、一度把握してしまえば他の商品との比較基準にすることができ、とても便利です。

最初は時間がかかるかもしれませんが、慣れると簡単ですので、ぜひ「キロ単位価格」を一緒に観察してから購入することをおススメします。

続きを読む

節約のために干し野菜作り

長期に渡って天候が悪かったり季節の合間で時期のものがなかったりで、野菜の価格が高騰して食費のかさむことがあります。かといって野菜を食べないわけにもいきません。そういうときのために、近年自分は干し野菜を作っておいています。干し野菜とは読んで字のごとく、干した野菜です。

例えば冬は白菜が多く出回りますが、数日のうちに使い切りたいのなら1/4カットのものを買う、という場合でも、まるごと一玉買って、数日のうちに使い切らない分は干しておくのです。方法としては、一枚ずつひもを通して、またはそれ専用の(かご状になっている)ネットを利用して干します。

このネットは100円ショップでも売っています。我が家は集合住宅でそんなに日が当たるわけではありませんが、冬は寒いし乾燥しているので割ときれいに干からびてくれます。夏は日も当たりやすく高温で水分が抜けるのが早いですが、突然の雨が降りやすく多湿でもあるので、カビがはえないように気を使ったほうがよいです。

こうして価格の安い時期に野菜を購入して干し野菜を作っておき、野菜の価格が高騰したら干し野菜を使って料理するという節約をしています。ちなみに野菜を干すと、うまみが増すそうです。正直それが本当かは分かりませんが、干した野菜は料理の過程で味がしみこみやすいので、うまいには違いないです。

続きを読む