節約できそうな場所を探す

節約をすると思い立った時に、一番初めにしなければならないことがあります。
それは、自分がいま何にいくらのお金を使っているのか知ることです。
それを知った後で、毎月必ず必要なお金と、必要ではあるが節約できるお金、浪費しているお金を仕分けていきます。
ここから、節約の作業をしていくわけです。
まずは浪費しているお金、例えばストレス発散で買い物をしてしまったもの、必要も無いのにお店の人に勧められて買ってしまったもの、なんとなく本屋に入ってなんとなく買ってしまったものなど、これらでお金を使わないように自分の行動をコントロールする方法を考えます。
次に、必要だけど節約できる場所に取り掛かります。
例えば、電気代を節約するためにクーラーではなく扇風機を使うとか、使わない電化製品のコンセントを抜くとか、月の外食を数回減らすだとか、自炊をして食費を抑えるだとか、考えていくと割と何も考えずに湯水のようにお金を使っていることがあります。
こういったところは、一度意識すれば少しずつ節約できていく場所です。
節約の仕方を話してきましたが、最も大切なことがあります。
それは、何のためにいくら節約したいのかを数値でハッキリさせることです。