気持ちにゆとりを持った節約生活のすすめ

節約にとらわれて心が窮屈になると、ストレスになるといけないのでなるべく無理をしない方が節約生活は続く。

安いものばかりを買うのではなくて、自分にとって価値がある物や事ににお金を使うようにする。

後は要らない物を再利用したり、リサイクルショップ等を利用するとちょっとした小遣い稼ぎにもなるので便利だ。

ヤフーオークションや、メルカリなども取り入れると、なお良いと思う。

不要になった物もお金になるし、余計な物を買わないようになる。

何かを1つ買ったら、不要になってる物を1つ処分するようにする。

そうすると家の中が物だらけにならずに済むし、すっきりする。

たまには贅沢をして、好きな食事をするのもいいと思う。

がんばって節約した自分に、ご褒美をあげるのも気持ちに余裕が持てることになる。

何か欲しいものがあって、すぐに買えない時は、ネガティブに考えずに今はまだ時期ではないと考えておく。必要な物や事は、ちょうどいいタイミングで自分にやってくると信じておくといい。

節約してお金を貯める事ばかりに意識を向けずに、上手くお金を使うことを学んだ方が気持ち的に余裕が持てるようになる。

無理してギリギリ出来る事はいつかストレスになってしまうので、たまには失敗しても自分を責めないようにする。