学資金プランを考えてみましょう

貯蓄はしたいけど毎月に支出がかさみ、なかなか残すことができないのが現状です。しかし、お子さんがいる家庭でしたら、教育プランによって違いはありますが、学資金を準備する必要があります。毎月の生活費から支払うのは大変なことですが、将来のために早めに準備することをオススメします。

わが家では子供が生まれたのをきっかけに学資保険に入りました。満期の際にもですが、中学入学時、高校入学時にも一時金がいただけるので、入学準備にお金がかかる時なので非常に助かります。もしも、大学進学を考えている家庭でしたら、入学する18歳までに保険料の払い込みが完了し、月々の保険料を軽くするプランがあります。

月額払いの保険料はもちろんですが、年払いにすることによりわずかではありますが保険料を抑えることができ、わが家でも利用しています。保険は自身ではなかなか決めることができないものですが、ライフプランナーが親切丁寧に相談に乗ってくれます。

自宅以外でも構いませんし、一人で不安ではあれば両親と一緒でも相談することができます。手出しするのは大変ですが、子供にかかるものなので、いただいている子ども手当から支払えば家計の負担にならないかもしれません。