預金の目安と食費のカット

先行き不安な全国、できる限りマネーは預貯金に回したいところです。
ではいかほど預貯金に回せばよいのでしょうか?
理想の預貯金額はずばり給料の2割だ。たとえば手取り16万の方だったら
約3万預貯金に増せばすばらしい見積りになります。
月収3万円、結構著しいとおもう方もいるかもしれませんが、身の回りを工夫するだけで
そこそこ簡単に捻出することができます。
本当に最高引き下げの効果のある食費を節約することから始めましょう。
毎日の真昼をコンビニエンスストア弁当からオリジナル弁当にすると
400円から200円くらいになるので、約200円の引き下げになります。
月々だと約20太陽は会社で会社で真昼を食するとして200×20=4000円の引き下げになります。
通年だと約4万8000円。もっとコンビニで配達を始めるをやめて割引等が生じる
アメイジングで配達をすると約2万の引き下げ。
上の件数と合わせて6万8000円も節約することができました。
6万といえば本当に大きな売値だ。毎日の真昼をオリジナルにすること
コンビニでの配達をしないこと、とも手軽にできて引き下げ効果が高いので
皆さんも必ず実行してください。