こつこつと毎月給料からの天引きで貯めよう

 貯蓄、現在はみな、銀行振り込みになっているのでそんなことはないでしょうが、昔は、現金で支給されました。そこで、私は、給料が少ない時期でも最初から、給料のいち部分を財形貯蓄などで、天引きしました。お金というのは、不思議なもので、なければないでその範囲でなんとかやりくりをしてしまうのです。

 多分、2~3万手もとにあったならば買い物に出かけたならば、すぐに使ってしまうかもしれません。しかし、ないものは、使えません。ですから、最初から無い物として貯金に充ててしまうのが一番まとまったお金として残っていきます。

 もちろん今のように利息がほとんどつかない状態では、増えるということは、ありませんが、でも毎月の積み立ては、以外と貯まるものです。ボーナスを貰ったら貯金をしようとか、お金が余ったらば貯金をしようとか思っていてもおそらく何十万をまずためるのは、難しいと思います。1年に30万40万でも十年単位になれば大きな額になります。また、本当に必要なときは、別でしょうが、積み立てたお金は、老後に使うぐらいな気持ちで下ろさないことです。

 人間、もちろん私はと言うことですが、目の前にあると何とかなるさと言う思いのほうが強くなり、お金は使ってしまいます。