毎月頑張って節約して貯蓄しています

生活していく上で、お金は嫌でも飛んでいくものです。

私は、妻と2匹の犬と暮らしています。

人間の生活していくお金+犬に掛かるお金で、毎月出費は多いですが、節約と貯蓄を頑張っています。

まず、食に関しては安いスーパーに行くことを心掛けています。

食費を抑えるだけでも全然違いますし、節約になります。

お肉なども日持ちするように小分けして冷凍しています。

賞味期限が近い生物類はこうすることでかなり日持ちするようになります。

後は、光熱費とかの節約も頑張っています。

お風呂もシャワーではなく、湯船に溜めたお湯で洗って浸かるを済ませています。

洗い物もこまめにするのではなく、ある程度多くなってからするようにしています。

水道代も、ガス代も馬鹿になりませんから抑えるとこは抑えると全然違います。

電気代も、暑くなったり寒くなるとエアコンを使うと思いますが、そこも工夫しています。

付けたり消したりを繰り返すと、部屋の温度を設定した温度に上げたり下げたりするので、その分電気代が高くなります。

付けっぱなしの方が高くなると思われてる方も多いと思いますが、案外付けっぱなしの方が安くなるので驚きです。

と言うのも、付けっぱなしだと設定温度より少し暑くなったり寒くなったりすると、その分だけ暖かくしたり冷やしたりするだけで、電気代はそれほど掛かりません。

少しでも節約すれば、犬のエサ代などが掛かってもしっかり貯蓄できます。

必要なお金と貯金を分ける!

なかなか貯金が増えない、という方にはぜひ試して頂きたい方法があります。
それは、給料なりバイト代なりを受け取ったらすぐに、自分で決めた一定額をいつもの口座から別の貯金用口座に移してしまう、という方法です。
やはり、いつも使う口座で貯金と日常生活を過ごすためのお金を置いておくと、どうしても余裕があると思ってすぐ使ってしまうからです。
これにより、自分の日常使う口座には、必要最低限のお金しか入らないことになり、これまで比較的残高を気にせず使っていたあなたも、毎月のお金の使い方を見直す良いきっかけになるかと思います。

会社によっては、給与口座を二つくらい指定できるところもあるかと思いますので、初めからそのようにして自動的に振り分けてしまうのも良いかと思います。
私は、この方法で毎月一定額を動かし、年末にその貯金用の口座の記帳をすることで、その年自分がいくらくらい貯めることができたのかを振り返り、では翌年は額をいくらにしよう、ということを行っていました。
この貯金用の口座には基本的に触らないことで、残高は増えてく一方ですし、それを見ることによって、自分のモチベーションを高める事にもつながると思います。
なかなか続けられない、という方は、毎月千円からでも始めてみてはいかがでしょうか。

節約は日々の積み重ね

子どもが2人いるので、何でも2つ要るようになってきました。

次男が赤ちゃんの内は、おもちゃも食費もそんなにかからなかったのが、大きくなるにつれ費用がかかってくるようになりました。

子ども達と買い物に行けば、お菓子を欲しがられ、1人1つと言っても、それを繰り返していては1カ月にすればそれなりの出費になります。

出来る限り上の子が幼稚園に行っている時に出かけ、買い物はまとめ買いにし、お菓子も何日か持つように買うようにしています。

服や靴も2人分要るので、お古をもらったり、オークションも始めました。

3人目は考えていないので、次男が赤ちゃんの時に使っていたものを売ったりしています。

有名なブランドのものなどは人気があり、思っていた以上の値段がつくことがあります。

なので新しく何かを購入する時は評のメーカーを選ぶようにして、使わなくなったら売るようにしていています。

テレビも何となくつけるのをやめました。

朝は子どもが出かけるまでつけていることが多かったですが、それをやめると、子ども達は意外と何も言わずに遊んでいました。

ブロックや絵を描いたり、兄弟でごっこ遊びなどをしていました。

なければないで良いんだなと思ったことでした。工夫すれば他にもまだまだ節約できるんだろうなと思う日々です。

気持ちにゆとりを持った節約生活のすすめ

節約にとらわれて心が窮屈になると、ストレスになるといけないのでなるべく無理をしない方が節約生活は続く。

安いものばかりを買うのではなくて、自分にとって価値がある物や事ににお金を使うようにする。

後は要らない物を再利用したり、リサイクルショップ等を利用するとちょっとした小遣い稼ぎにもなるので便利だ。

ヤフーオークションや、メルカリなども取り入れると、なお良いと思う。

不要になった物もお金になるし、余計な物を買わないようになる。

何かを1つ買ったら、不要になってる物を1つ処分するようにする。

そうすると家の中が物だらけにならずに済むし、すっきりする。

たまには贅沢をして、好きな食事をするのもいいと思う。

がんばって節約した自分に、ご褒美をあげるのも気持ちに余裕が持てることになる。

何か欲しいものがあって、すぐに買えない時は、ネガティブに考えずに今はまだ時期ではないと考えておく。必要な物や事は、ちょうどいいタイミングで自分にやってくると信じておくといい。

節約してお金を貯める事ばかりに意識を向けずに、上手くお金を使うことを学んだ方が気持ち的に余裕が持てるようになる。

無理してギリギリ出来る事はいつかストレスになってしまうので、たまには失敗しても自分を責めないようにする。

貯蓄はポイントサイトの利用が効果的

なかなか日々の生活費を節約することは難しく、減らすどころか増えていく経験をした方は多いと思います。

そういう方にお勧めなのが、ポイントサイトを利用してポイントを稼ぐことです。

ポイントなんか使い勝手が悪いし、お金にならないし、やる気にならないと思うかもしれませんが、今のポイントサイトに関して言えば、そのような不満を感じることはありません。

お勧めなのが、ポイントサイトの中でもアンケート関連のサイトとなります。

ポイントサイトなので、得られるのはポイントのみですが、アンケートは毎日来るので、毎日続けていれば、100ポイント程度なら、すぐに貯まります。

100程度じゃ何の足しにもならないよという方も大丈夫です。

不定期配信にはなりますが、100ポイント単位のアンケートが来たり、インタビューアンケートなら500~1000ポイントを貰えることもあります。

しかも、これが最大のメリットですが、他のポイントに交換したり、現金化することが可能なのです。

上手く活用することで、万単位の貯蓄にも繋げれる可能性があるため、節約に、頭を悩ます間に、自分に合ったポイントサイトを探すことが、確実な貯蓄に繋がっていくと思います。

1年間で100万円貯金

自分は1年間に100万円と決めて貯金を行っています。その生活を始めてから5年経ちますが現在も継続して続ける事が出来ています。
その方法とは、現在の年収が400万円程度で毎月5万円の貯金とボーナスの8割程度は貯金に回すというものです。銀行口座は2つ用意します。
一つは絶対におろさない口座、もう一つは生活費等で使用する口座にします。

絶対おろさない口座に5×12=60万円+夏と冬のボーナスを合わせて40万貯金するようにします。その他のお金は自由に使うと心掛けて生活を行います。自分なりに感じたのは「今月は5万以上貯金できるから少し多めに貯金しよう」という考えをしてしまうと、かなりの確率で生活が厳しくなると思います。なので無理をせず、貯金ペースを崩さないようにする事が大切だと感じます。

後は、生活費等で使用する口座には次の給料まで最低でも5万円程度を残す程度の生活で過ごすとある程度余裕を持って日々を過ごせると思います。例えば手取り20万円として5万円は貯金、家賃・光熱費・生活費10万円とすれば残り残高5万円。そこに翌月の給料20万円振り込まれれば25万円スタートとなります。
貯金開始の最初の月はやや厳しい生活を強いられるかもしれませんが翌月からは、ずいぶんと楽な生活になると思います。

この生活を続けることで年100万円の貯金も夢ではないと思います。ぜひ、やってみて欲しいと思います。

買い物はネット経由で短縮

モニターネットや場所カードなどの生じるネットに登録して、通販する時はそのネット経由で宅配をすれば場所も貯まりますし、きわめてまれに割り引きもあるので便利です。
自分は楽天でクレジットカードやふところを有するので場所の返済もお会計も楽々だ。楽天ではアンケートなどでも場所を貯めることができ買い物にも使えるので良いですよね。ものも様々だしクレジット払い限定で送料がタダになることもあります。
ネットで宅配をする時に一番のネックとなるのが送料なので助かります。たとえ有益ものを見つけても送料を伸びすると安い宅配ではなくなることがあるので、送料は大事です。
最もネットで宅配する時は送料や伸び場所の顔ぶれや回数、返品などの特記事柄の調査、払い出し作戦と手間賃をとことん見て宅配すれば絶対に負債はしません!時間かもしれませんが心がける収穫ありです。
コンビニエンスストアでも使える場所カードはほぼネットでも増やせます。無料のミニゲームやアンケートが主ですが宅配以外で増やせるのはふところが痛まないのでいいと思います。通販やWEB補助にも通じでいるのでこういうネットをまず最初に経由して、楽天などのメールオーダーサイトで宅配すれば場所が2重にもらえるので節約する時は本当にしています。

実際にやった食費を削る方法、やりたくないと思った方法

食費って、質や栄養を問わなければかなり削れるんですよね

味を気にしなければ食材のランクを落とせばいいし、栄養度外視でお腹が膨らめばいいならパンの耳などタダで手に入るもの食べればいいのです

極端な話、食べなければ食費はかかりません

自分や家族がどこまで許容できるかです

でも、食事を疎かにすると後で病気になったり倒れたりして余計にお金がかかりますし、美味しいご飯は活力の元です

そこで、栄養は確保しつつ味を落とさなかった方法をご紹介します

【野菜クズの有効利用】

棄てているネギの根っこや野菜の芯、ヘタなど、棄てるなんてもったいない!

水につけたり土に植えたりすれば再生してくるものが多いです

葉野菜や根菜はたいてい何らかの方法で再生出来ます

また、スペースがあるならニンニクやジャガイモなどは1つ(一片)植えておくと増えます

それぞれの野菜で調べてみてください

また、野菜クズで出汁を取ると美味しくて健康にもいいですし、大根や人参の皮などは金平にするなど、工夫次第では棄てるはずだったところも食べられます

皮の方が栄養があるものもありますので、是非お試しあれ!

(でも、日に当たって緑になったジャガイモの皮などは食べたらダメですよ)

野菜クズは工夫次第で食費削減やもう一品になる節約の味方です

農家さんに感謝しつつ無駄なく全て有効活用しましょう!

節約と貯蓄

私は、浪費家なほうだと思います。ほしいと思ったものは衝動買いしてしまうこともしばしばでした。買い物することでストレス発散しているような節さえありました。こんな私が節約、貯蓄を考えるようになったきっかけがありました。それが結婚です。

独身時代は、好きなだけ自分のお金を使えていましたが、結婚してからランチ代を節約しお弁当を作ったり、外で飲み物を買わずに家から持っていくことが習慣になりました。とはいえ、最初は辛かったです。我慢することがストレスになり、体調を崩したこともありました。

しかし、いずれは通らなければならない道。辛抱強く続けていると、だんだんと節約が楽しくなってきました。飲食店に行った際は、必ずクーポンがないかどうか退店までに確認したり、ポイントカードが使えるお店では、必ずポイントを貯めています。

目に見えて数字が増えていくと嬉しいものです。次第に自然と衝動買いのような買い方をすることがなくなってきました。もちろんセール品で安ければ話しは別ですが。。安ければ買うことはありますが、今までとは比べものにならない程度です。

楽しく節約、貯蓄ができるようになるまではストレスがありましたが、乗り越えられればかなり達成感がありますよ。

美容にかけるお金を明確にすること

美容にお金をかけすぎているとお金が出て行くばかりです。美意識が高いのは悪いことじゃないですが、美容にかけるお金はあらかじめ決めておくと安心です。美意識が高い人は負けず嫌いだから、自分より美しい人を見ると闘志が湧いて出費が激しくなる傾向があります。

だから美容にお金を使いすぎてしまう傾向がある人は予算を決めておくといいのです。たとえば毎月2万円までとか3万円までとか使ってもいい金額を明確にします。ここをいい加減にしてしまうと、友人が痩せてきれいになったとか最新のファッションをしていたとかそういうことが刺激になってついついお金を使ってしまうでしょう・・・。そうならないように毎月使ってもいい金額を明確にしておくのです。

私はひと月2万円まで美容に使うと決めていますがだいたい1万円ですむように節約しています。コスメを買うとお金の減りが早いので安いコスメを必要に応じて買っています。たま~に100円ショップでコスメを買うときもあるけれど、基礎化粧品じゃなければ100円のコスメでもマイナス要素はありません。

逆にコスメを高級なモノばかり使っていると食事がかなり質素になるのでそうならないように気をつけています。