とにかくお家ごはん。

私の一番の節約はお家でご飯を食べる事。

当たり前のような事ですが、我が家には一番効果がありました。

もともと夫婦二人とも食べる事が好きなんですが、貯金を増やしたいと家計を考えた時に一番の支出が食費だったんです。

家賃よりも食費です(笑)

それにそんなに食費に使っている実感は無かったんです。

なぜなら、外食といっても500円~600円位の食堂だったし、夕食に間に合わない時は400円位のお弁当。

お惣菜を色々買うよりも安かったし、そんなに贅沢してるつもりも無かったんです。

贅沢といえば月に一回の焼肉ぐらい。そんな意識だったから食費がかかっている意識がそんなに無かったんです。

そこで食費節約の為にまずしたことは「1週間の食材まとめ買い」です。

色々な節約ブログを拝見させてもらって、食費の節約はこれだとと思ったんです。

ですが、もちろん失敗しました。

そもそもご飯を作る事ができてなかったから外食やお弁当になったわけで、1週間分まとめて買っても食材をダメにしてしまう事が多くてすごくストレスでした。

そこで、目標をとにかくお家ごはんにする!に変えました。スーパーに行く回数も決めずに、とにかくお家でご飯を作るに変えたんです。

メニューもちゃんとした手作りだけではなくてレトルト商品を活用したり、安い食材だけではなくてお家でステーキなんていうのもありにしました。

すると、ただただお家ご飯にしただけで、食費が1/3も減らせたんです!

食費節約の為に色々安い食材を駆使して工夫できたらもっといいのかもしれませんが、まずは当たり前にお家ごはんの目標にしてよかったです。

節約・貯金の最大の敵から身を守る方法

直接的な節約でも貯金法でもありませんが、突然の出費に悩まされなくなった方法と紹介します。

方法はとてもシンプル。封筒を用意し、月に数千円ずつお金を入れていきます。私の場合はまずはレジャー費と冠婚葬祭費として2枚の封筒に毎月5千円ずつ積立てました。旅行やディズニーに行く時などはレジャー費の封筒から、冠婚葬祭のご祝儀・香典やそれに伴う経費、友人や家族への誕生日プレゼントなども冠婚葬祭用の封筒から出します。

封筒のお金だけでは足りない分は銀行から下ろしたとしても、一気に全額を支払う場合に比べると家計に負担が少ないので貯金のペースが崩れにくくなります。どちらも5万円ほど貯まったら積み立てをストップして減ったらまた積み立てを開始する、というルールで運用していますがだいたいその前に使用することが多いのでストップはほとんどしていません。

この方式は何にでも使えます。今では医療費、洋服代、家電買い替え費用などいろいろな用途で少しずつ毎月積み立てているので封筒内のお金を合計すると20万くらいになりますが、封筒ごとの用途で考えるとどれも十分とはいえない金額です。昔はこれらをすべて突発的な出費として処理していたことを考えるとその当時お金が貯まらなかったのは必然だったと言わざるをえません。

貯金がなかなか貯まらない、という人は節約方法や貯金方法を試す前にこうした余裕資金を作るところから始めてみてはいかがでしょうか。

セールは事前の下見で無駄買いを減らしましょう

節約していると、定価のお洋服を買うには勇気がいります。

節約中の人にとって、セールは魅力的な言葉ですし、節約中でも、そうじゃなくても、セール会場へ行けばテンションがあがります。

しかし、セール会場でテンションが上がりすぎて冷静さを失うと、散財に繋がり危険です!

今後必ず着ることがあるお洋服を沢山購入するのであればいいですが、着ないかもしれないお洋服を購入してしまう危険性もあります。

お家にある洋服と合わなかった。

サイズが合わなかった。

自分のパーソナルカラーと合わない色を購入してしまい、実際に着てみると、なんだかしっくりこなかった。

とりあえず安いから購入したものの、そんなにトキメク洋服じゃなかったので、着たいと思えなくてタンスの奥底へ追いやられてしまった。

そんな経験が、誰しもあるはずです。

セールで、失敗しない為には、セール前に下見へ行きましょう。

気になるお洋服をチェックしておき、試着をして、サイズとカラーが自分に合うかを確認しておきます。

サイズとカラーが合わないと、どんなにオシャレな洋服でも、自分の魅力が半減してしまい、段々と着なくなっていきます。

ゆっくり品揃えを見ることで、お家にある洋服と、どの洋服が合うかを考えることもできます。

下準備バッチリでセールに挑めば、心もお財布も満足度あがります。

我が家の節約と貯蓄はこんな感じです

うちの家系は今、全くといっていいほど貯蓄がありません。なぜかというと、できちゃった婚なので準備資金がなかったこと、旦那さんのお給料がかなり下がったこと、自分が今仕事をお休みしているし、復帰したとしても小さな子供がいるので働く時間は短いため、安いお給料しか貰えないことなどがあります。

なので今は毎月がギリギリの生活で毎月足りない状況なので、貯蓄をしている余裕がなく困っています。とはいえ、子供もいますので、子供にはお年玉やなにかのお祝いなど親戚やおばあちゃんなどから貰ったお金などを、子供には貯めてあげています。

家計に余裕が無いからこそ、そうゆう臨時収入を少しづつ貯めて頑張っています。節約の意味では、お風呂の残り湯で洗濯をするようにしたり、お風呂のお湯を少し少なめにためるようにしたり、お互いの実家から支援を受けたりしています。例えば、お米やトイレットペーパー、ティッシュや野菜、お肉、うちには赤ちゃんがいるのでオムツやおしりふき、などなど少しずつ分けてもらったりして食費や雑費を節約しています。

こうすることですぐには無理でも長いスパンで見て貯蓄に繋がっていくんじゃないかと思います。子供の分も貯めておいてあげたいので頑張りたいです。

太陽光発電とお屋根のメンテナンスです

節約につながることだとは思います。太陽光発電。とても流行していますよね。あることによって、とても安心できたりもします。

ところが、これも、永遠ではないという問題があります。つまり、機能が落ちたら交換しないといけないのです。すると、お屋根のほうも、やはり、金具で止めますから、補修が必要になるでしょう。

お屋根の補修時期と、太陽光発電の補修時期が、ぴったりと一致したらいいのですが、一致することはないでしょう。なんだって、伊地知に買いけたくても、こちらは大丈夫でもこちらが壊れるということが多いのです。

すると、太陽光発電の寿命に合わせて、屋根も補修したらいいということになります。お屋根が、その時まで持つことを祈るばかりです。ところが、お屋根のほうが傷みだしたら、せっかく設置した太陽光発電も取り外さなくてはいけなくなります。

すると、こんな手間あを考えると、お屋根で発電するよりも、どこかの大きな敷地で、企業が発電してくれるといいなあと個人的には持ってしまいます。

太陽光発電を個人でする場合でも、お屋根ではなく、緊急の時ようにベランダに置くしかないのではないかと、あれこれと考えるのです。高額な太陽光発電をつけられない妬みかもしれませんが。

今のうちに家を買っておく方がいいと思います

貯蓄ということは、難しいですよね。それよりも、やはり、何か、物を買う方がいいような気がしています。
お金は、手元にはないので、目には見えないものですから。ものは目に見えます。そんなところが、物のほうが好きなゆえ円です。

家も買っておいた方がいいのではないでしょうか。空き家ができると報道されていますが、自分の欲しいところに、空き家が出るとは限らないからです。
空き家が出ても、人気のところだと、人には渡らず、家族で移動するということが多いですから。これも、今のうちかもしれません。
いくら値段が上がっているといっても、まだ、デフレの恩恵がある程度残っていますから。

設備だって、持てるハウスに行ってみると、十年前ではありえないような設備が標準になっていたりします。これも、住宅展示場ではわからないので、モデルハウスがいいと思います。
住宅展示場の家は、まりにも高級すぎるし、結構、年月が経っているものも多いのです。装備も進化していなかったりします。
もちろん、大きいし、広々として、最高なものですが、実際住むところは違いますから。実際のモデルハウスのほうがずっと、わかりやすいと思うのです。
今のうちに家を買っておくことも貯蓄につながる一歩ではないでしょうか。

実はあまり節約を意識したことはなかったりします

計画的という言葉が脳内辞書から抜け落ちているとしか思えない行き当たりばったりな生活を続けております。

節約、貯蓄を考えることはあれど、実行はしないという無計画っぷりを発揮しております。

分かっているのは、使うお金よりも入ってくるお金が多ければお金は貯まるという当たり前の事実だけです。

食べ物であまり節約をしない自分は、基本的に自分を飾るもので図らずとも節約を図っています。

女子力というには年齢が上がりすぎているので、どうでもいいのです。

服はワンパターンを着回す(着回せていないが)、靴は一足ダメになったら一足フィットするもの(ここ重要!)を買い足す。

カバンもダメになるまで使ってダメになったら買う。

としていると、女性がお金を使うであろう服、靴、カバンあたりの持ち物の代金は節約ができます。

細かいところでは、傘が増えるのが嫌なのでビニール傘は緊急時でなければ買わないと決める。

傘が増えても管理場所に困るだけなので、基本的に折り畳み傘だけでどうにかしています。

それも壊れたら買い直すといういつものパターンです。

雨風が強い時もあるので、長い傘を一本買い足すかどうかは考え中です。

物欲は山のようにあるつもりですが、保管する場所を考えると多少は抑えることができます。

あとは、大事なことなのですが気に入ったデザインのみで妥協をしないというようにしていると、買わなくなります。

と、書きながら慌てて買うので妥協したりしていますが。

ストレスなくあまりものを買わないことが、節約につながるのではないかと思います。

部屋にものがあまりない方が落ち着くということもあります。

まあ、部屋は散らかっているんですが。

お弁当や水筒の持参生活はさまざまな効果があった

老後資金のネット記事や年金のニュースを聞いて不安になり,できるだけ節約しなければと思うようになった。しかし,どこから手をつけたらよいのか,さっぱりわからなかった。何か目に見えるほうが張り合いもでて長続きしそうかと考え,お弁当を持参したときには,500円貯金することにした。試しに一か月続けてみると,1万円も貯金することができた。

それだけではない。お弁当や水筒を持参することにより,コンビニなどに立ち寄らなくなったり,自販機の前に足が向かなくなる。そのため,ちょっとした出費が減った。

さらに何より大きかったのは,お弁当や水筒を持参するようになると,お金を使うことにためらいが生じて,本当に必要なものしか買わなくなったのだ。

お弁当を持参すると日中はお財布を開かない生活になるので,いざ何か買おうとするときに贅沢なのではないか?とお金を使うことを躊躇するようになった。お金を使うことに抵抗感が出るようになった。そのため,さらにお金がたまるという好循環が生まれた。

しかし,あまり我慢が続くと反動もあるので,例えば1日200円までは使ってOKなどと,自分の中で上限を設けて,楽しみながら行うと長続きしそうと気が付いた今日この頃である。

6人家族の食費を浮かせる節約術!

我が家は旦那、3歳児の息子、お義母さん、義弟、3ヶ月の娘、私の6人家族です。

実質3ヶ月の娘はまだ母乳なので、ご飯は食べていません。

娘がお腹に宿るまでは毎月の食費もあまり考えることなく月6万くらいは使っていましたが、家族からの食費の補助が月3万なので、赤字を減らすべく、どうしたら家計が楽になるかを私なりに考えました。

①献立を決めてしまう

まず、買い物に行く前にメモ用紙に何がどのくらい必要なのかを書き出して見ました。

②3日分くらいをまとめて買う

これだけで無駄買いを大分減らせるし、行く手間もガソリン代も節約できて、空いた時間を有効活用できましたよ。

③給料日前は挽肉と豆腐を有効活用

安く買える挽肉、豆腐、もやしなどは纏めて買っておいて冷凍庫で保存して使っていました。

豆腐だけは冷凍せずに早めに使い切るようにして、味噌汁や豆腐ハンバーグにしてカサ増ししてました。

④買い物に行くときは極力ひとりで

子どもや旦那さんを連れて行くと予定外のものを買わされたりが100%なので極力ひとりで行くと大幅にコストダウンできます。

⑤じゃがいも、人参、玉ねぎは安いときにまとめ買い

金欠でお金がピンチのときに役立ちます。カレーを大量に作って2〜3日もたせてました。夏場は腐りやすいので冷蔵庫保存が必須です。

以上が私が実践している節約方法です。

愚か者にしたらいけない!お風呂のお湯はフル活用

現在は洗濯タイミングは節水人物だったり、省エネルギースキームになっていてかなりお財布に優しい小物となっていますが、
家電小物と言うものは、こき使うほうが多いので、依然一昔前の洗濯タイミングを使用しているほうがおられると思います。
であれば、行って下さい事はただひとつ!お風呂を混ざる(浴槽に浸かる)ときののち湯はかなぐり捨てずに洗濯用として使用してほしいのです。
どこにでもあるホームセンターへ行けば、1500円前後で浴槽の水を吸い上げてもらえる気楽アイテムが置いてあります。
それを使用すれば、女性でもラクラク浴槽の湯を洗濯タイミングへ切り回す事が出来ます。
また、お花好みのヒューマンは、お花への水やりにとっても水道フィーは因ることでしょう。
そんな時にも浴槽の余剰湯を再利用してください。
僕らが思っている以上に、浴槽には対象のお水は溜まってある。
なので、洗濯用事に使用してもちょっと浴槽の湯は残っています。投げ捨てるだけのお水であれば、
お花の水やりに、ベランダの網戸整備に、キッズの運動靴のしみ落としに、フローリングの床整備に、
全ての一生の中で、出来る範囲内で水道からのお水ではなく、浴槽からの水を使用する様に意識を変えて上げてください。
月々の水道フィーが激しく入れ代わり、だいたいびっくりするはずですよ。