食費の節約の仕方

最近は知る人が多くなってきているようですが、夜スーパーに買い物に行くと賞味期限の短い生鮮食品やお惣菜などの加工食品が割引になっているお店が多いです。

加工食品はその日のうちに食べなくてはならないですが、生鮮食品なら冷凍保存しておけば昼間買うより断然お得です。お店によって割引始める時間や割引率はちがいますが、何度か通えばわかるようになってきます。

ちょっとずるい手ですが、賞味期限が短く割引されるだろう食品を割引シールを貼り始める少し前に確保しておき、シールをはりはじめたら店員さんに見せて割り引いてもらうと欲しい商品が手に入りやすかったりします。夜割引されている生鮮食品はお肉とお魚です。

野菜類は昼間から普通の陳列棚とは違う場所に置かれています。やさいは保存しにくいものが多いのでその日か翌日までにつかいきれるものを選ぶのが無難です。せっかく安く買っでも腐らせてしまったらもったいないだけです。保存方法によっても節約はできます。

冷蔵庫に入れた方が良いものもあれば、常温保存の方が日持ちするものあります。スーパーの保存の仕方が参考になると思いますが、根菜類はビニールに入れっぱなしにするよりも新聞紙などで包んでおくほうがもちがいいですし、玉ねぎなどは吊るしておくだとかなりひもちします。もやしは賞味期限がとてもみじかいですが、タッパーなどに水につけて冷蔵保存すると5日くらいもちます。ただし栄養分はぬけてきてしまうそうですが。

あまり大量に使わない大葉も塩漬けにすると長持ちします。

食品の買い出し節約術

私の家族は主人二歳児の娘と私の三人なのですが、二歳児の娘の食欲が凄くてすでに幼稚園児くらいの量をペロリと完食してしまいます。

当然食費もうなぎ登り、でも幼い娘の口に入る食材は国産の物を買いたいと思ってしまう。

いつも買い物をするスーパーは火曜日に肉の特売、木曜日に野菜の特売をするので広告でチェックして買い物メモを作り、買いたい物の項目のところに広告に載ってる値段も記入します。

例 ほうれん草(98)

こうすることによって、安くても新鮮な食材を買えるし余計な買い物もしなくて済みます。

キャベツは半玉で買うと切り口のところから痛んでしまうので一玉購入してキャベツの芯をくり抜き濡らしたキッチンペーパーを詰めて軽くラップをかけて袋に入れて野菜室に保存します。

こうするとキャベツは一週間は新鮮でパリパリな状態で食べれます。

ちなみにクックパッドからの情報源です。

一週間の献立を考えて必要な材料をメモに書き出してから買い物をする。これだけで無駄な買い物がぐっと減ります。

買い物もれもないので無駄手間も省けるし、ついつい余計な物を買ってお金足りないよーということもなくなりました。

節約はするけど美味しいご飯も食べたい。

この買い物節約術で夫婦2人のときより食費が減っている我が家です。

デートでの節約方法。

私には恋人がいますが、二人ともお金がないため、節約デートをしています。

節約デートでおすすめなのが公園でのデートです。

近所の少し大きめな公園へ行きましょう。

好きな人となら一緒にいるだけで幸せです。

更に公園で手をつなぎながらいろいろな話をして歩くのはとても幸せです。

お昼には手作りのお弁当屋おにぎりを食べましょう。

お互いに交代で用意してくるのがおすすめです。

それぞれの家庭の味を知ることができて楽しいですよ。

朝作った料理を食べるのも良いですが、前日の夕飯の残りでも十分に嬉しいです。

それこそ家庭の味がわかるためです。

おにぎりであっても、家庭によって違いはあります。

握り加減や中身の具、乗りの巻き方など、家庭によって異なるのです。

節約してお互いのことを知ることができて良いことばかりです。

公園デートに飽きた時におすすめなのが、お祭りデートです。

お祭りでは歌やダンス、大道芸などのイベントが目白押しです。

面白いイベントを無料でみることができるのです。

公園やお祭りであっても、そこまでの交通費がかかることもあります。

そういった時にはできる限り徒歩で行けば交通費の節約になります。

公園デートと同じように、二人で手をつないで歩くだけで幸せなのでおすすめです。