実はこんなにある貯蓄術

貯金、貯金というと何だかそれだけでちょっとストレスに感じる方もいるのではないでしょうか。

実は私もそうです。貯金するよりは今あるお金を有効に使うという方なので。

ですが、それではいつまでたってもお金はたまらないし、もしなにかあって急にお金が必要になったときには

対処できずに結局、キャッシングしてしまい、どんどん借金が膨らんで…ということもなくはないです。

ので、やはりある一定額の貯蓄は必要なのだと思います。

ではどんな方法で貯蓄するのが良いのか。私が実際行っている方法を書いていきます。

まず、基本的なことですが【家計簿をつける】

これは貯金する以前の問題で今自分の収支はどんな感じなんだろうとおおまかでもイメージすることが

できなければすでに貯金するタイミングを逃していると思います。

収支計算をしていく中で結果いくら余裕のお金があって、いくらなら貯金可能だという金額を決めておくことが

貯金をする上で、あたりまえで確実な方法でもあると思います。

じゃあ、家計簿をつけて貯金を始めるわけですが、実際給料をもらって手元にお金が入ってきた時、

あれ買ってこれ買って…と考えると、今あるお金を貯蓄に回すのは惜しくなってきませんか?

なので私がおすすめする2つ目のポイントは【定期預金をつくれ】です。

定期預金を作って毎月給料日に引き落としになるシステムをつくっておけば、手元に残るお金は

自然と貯蓄額を引いた額になるので、無駄なお買い物も避けられるようになります。

上記で述べたように結構当たりまえのことばかりですが、当たり前こそが貯金を生むのです。