学資金プランを考えてみましょう

貯蓄はしたいけど毎月に支出がかさみ、なかなか残すことができないのが現状です。しかし、お子さんがいる家庭でしたら、教育プランによって違いはありますが、学資金を準備する必要があります。毎月の生活費から支払うのは大変なことですが、将来のために早めに準備することをオススメします。

わが家では子供が生まれたのをきっかけに学資保険に入りました。満期の際にもですが、中学入学時、高校入学時にも一時金がいただけるので、入学準備にお金がかかる時なので非常に助かります。もしも、大学進学を考えている家庭でしたら、入学する18歳までに保険料の払い込みが完了し、月々の保険料を軽くするプランがあります。

月額払いの保険料はもちろんですが、年払いにすることによりわずかではありますが保険料を抑えることができ、わが家でも利用しています。保険は自身ではなかなか決めることができないものですが、ライフプランナーが親切丁寧に相談に乗ってくれます。

自宅以外でも構いませんし、一人で不安ではあれば両親と一緒でも相談することができます。手出しするのは大変ですが、子供にかかるものなので、いただいている子ども手当から支払えば家計の負担にならないかもしれません。

とにかくお家ごはん。

私の一番の節約はお家でご飯を食べる事。

当たり前のような事ですが、我が家には一番効果がありました。

もともと夫婦二人とも食べる事が好きなんですが、貯金を増やしたいと家計を考えた時に一番の支出が食費だったんです。

家賃よりも食費です(笑)

それにそんなに食費に使っている実感は無かったんです。

なぜなら、外食といっても500円~600円位の食堂だったし、夕食に間に合わない時は400円位のお弁当。

お惣菜を色々買うよりも安かったし、そんなに贅沢してるつもりも無かったんです。

贅沢といえば月に一回の焼肉ぐらい。そんな意識だったから食費がかかっている意識がそんなに無かったんです。

そこで食費節約の為にまずしたことは「1週間の食材まとめ買い」です。

色々な節約ブログを拝見させてもらって、食費の節約はこれだとと思ったんです。

ですが、もちろん失敗しました。

そもそもご飯を作る事ができてなかったから外食やお弁当になったわけで、1週間分まとめて買っても食材をダメにしてしまう事が多くてすごくストレスでした。

そこで、目標をとにかくお家ごはんにする!に変えました。スーパーに行く回数も決めずに、とにかくお家でご飯を作るに変えたんです。

メニューもちゃんとした手作りだけではなくてレトルト商品を活用したり、安い食材だけではなくてお家でステーキなんていうのもありにしました。

すると、ただただお家ご飯にしただけで、食費が1/3も減らせたんです!

食費節約の為に色々安い食材を駆使して工夫できたらもっといいのかもしれませんが、まずは当たり前にお家ごはんの目標にしてよかったです。