固定費の見直し

住宅ローンなどのローンです。ローンについてはたくさんの方法があります。先ず住宅ローンですが、借り換えをオススメするのと同時に、繰り上げ返済をオススメします。

この二つを完全にマスターすれば、おそらくかなりの勢いで支出を減らすことができて、なおかつ貯蓄効率が劇的に上がります。

住宅ローンは固定で組むか変動で組むか年数を何年単位にするかなど細かい区分けがあり、都度金利が変化しています。素人は詳しく分からないため銀行員に任せがち。

しかしそこを一歩踏み込んで頭を使って足を使って、何十万か浮かせましょう。おそらく金利が0.1%変われば年で10万はかわります。それを繰り返し続けたら。もう何となく答えは見えていますね。+団体信用生命保険に入られる方は生命保険のプランを下げましょう。

このあたりのお話が分からなかったら無料でFPに相談してみましょう。FPの力を借りて、自分の力を使って、何なら配偶者の力も使って、何馬力にして他人事でなくて自分事にしてこの大きな難敵ローンと戦いましょう。その先にはきっと最高の答えが見えて来ると私は信じています。

まずは一歩踏み出しましょう。

自炊生活で食費の節約をするには

自炊生活にすると、食費の節約になるといいますがどのようにして節約をすれば良いのかわからない方は沢山いると思います。

この食材を中心にすると節約が上手くいく食べ物ベスト5をあげていきます。

まず1つ目の食材は、卵ですこれは節約していくには欠かせません。1つ辺り10~20円程度なのにも関わらず、栄養も高いし料理のバリエーションも豊富になるからです。2つ目はモヤシです。これは思い付く方多いのではないでしょうか。モヤシも卵と同じように栄養かが高く安いという利点があります。それにモヤシは食材のかさましにも使えるのでなくてはならない存在です。

3つ目は豚肉の細切れです。スーパーでよくお徳用で売られていて1000円ほどなので高いと思われがちですが、購入後小さいビニール袋等に小分けして冷凍しておけば、3~5日ほど使い回すことができます。なので1000円で買っても1日辺り最大でも300円ほどなので、節約にはうってつけです。4つ目は鶏肉全般です。鶏肉は基本的にすべて多少の違いはあれど100グラム100円を下回るので、鶏肉は節約食材に向いています。

最後に5つ目ですが、以外と思われるかもしれませんが、お米です。と言っても新米を買っては意味がありません。去年のものでもお米は十分美味しく食べられるので古米を買いましょう。

いかがでしょうか?今後の節約に役立てるものはありましたか?無理はせず、楽しく節約していきましょう。

ホットペッパー活用しています。

最近、節約のため自分のお小遣いを少なくしました。そのため、美容室代節約のため、ホットペッパービューティーを活用しています。ホットペッパービューティーは、美容室の数も多くのってるし、インターネットで予約もとれるので便利です。便利だけではなくて価格もすごいです。

カットとカラーで3900円のクーポンを出している美容室が数件、近所にありました。いままで、カットとカラーは、6000円ぐらいは、かかっていたので価格が安くてびっくりしました。実際その美容室に行ってみると、いつも行くような美容室と変わらなくオシャレで丁寧にカラーとカットをしてもらえました。これはすごいと思いました。

私は、半年に1回ぐらい縮毛矯正もしているので縮毛矯正のクーポンもカットと縮毛矯正で7500円とかもあり、本当にたすかるなーと感じました。美容室代の節約に成功です。インターネットは、本当に便利で節約に欠かせないものになりました。

ホットペッパービューティーのおかげで、美容室代節約できるし、キレイにしていられるので助かります。これだけ安いと、お小遣いで美容室代払えるから罪悪感もなしに美容室に行けます。美容室は高いからホットペッパービューティーのクーポンがあって本当によかったです。これからも大活躍です。

コツコツ頑張る

あまり無理をしすぎると長続きがしないので、基本的に月に1回は贅沢をするというルールを決めて取り組んでいます。その贅沢は、何をしても構わないけれど、月2万円までの贅沢です。また、貯金の額も決めて月8万円と決めて頑張って貯金をしています。

仕事が忙しかった時は、貯金のことは全く考えず、1回3000円近くするマッサージに毎週通ったりしていましたが、最近は転職を機に仕事は忙しくなくなったので、自分でマッサージしたり、ストレッチをしたり、筋トレをしたりしています。

やはり、基本的な体力づくりは病院に通う頻度も減って大切なんだなと実感しています。また、前職では、お弁当を持参することも難しいくらい仕事が忙しかったのですが、今はお弁当を作ったり、冷凍ご飯を置いたりすることで、食費と電気代を浮かしています。

最近では、結構身近にあるお店が何でも引き取ってくれたりするので、自分の家の掃除も兼ねて、不要になた本や電化製品を売ったりして食費に回すなどということもしています。あとは、コンビニでお金を卸す手数料が塵も積もれば…で結構大きいので、なるべくクレジットカードで済ませられるところはクレジットカードで払い、クレジットカードのポイントを貯めることを意識したりしています。