貯蓄のコツは、はじめから入らなかったものと考えて、ためることです。

人間は弱いものです。手元に入ったお金から、貯蓄をするのは、とても大変です。給料から、まずいくらかを貯蓄します。でも、手元に通帳があると、月末にお金が足りなくなった時に、ちょっとここから借り出しておこう・・と、ついつい貯蓄に手を付けてしまいます。

始めから、一定額を給料から天引きして、貯蓄をするのが、一番のおすすめです。手元に来ないのですから、始めから無かった!と、思って生活するのです。手元にないということは、使いようがないということです。

「緊急非常」の際には、受け散ることもできますが、手続きが大変です。銀行の受け払い機で、カードを入れたらすぐお金が出てくるというわけにはいきません。

このめんどくささが、貯蓄するために役に立ちます。まずは少しからで良いですから、天引きで貯蓄を始めましょう。給料がアップしたら、天引き額も増やしましょう。

手元に来なければ、なかったものとして暮らしていけばいいのです。