「お得な〇〇」は、実は節約の大敵?

30代後半、節約修行中の主婦です。節約をたしなむ皆様にとってはもはや定番とは思いますが、何かを購入する際に商品を比較し、一番自分にとって「お得な」ものを選ぶ、という作業は大切なことです。

ですが、その段階でいかに売る側の戦法に踊らされないか…そこまで把握してスーパーに向かう人と言うのは、実はあまりいないのではないでしょうか。

私が良くいくスーパーでは、個別の値段に併せて、キロ単位の値段が小さく添えて表記してあります。そこをよく見ると、「お買い得品」とあっても実際には容量が小さいだけの割高品であったりすることがよくあります。「〇グラムお得な増量中!」という宣伝文句も同様です。

その観点でいくと、実際一番値段と質とでバランスがとれている…というのはスーパーのホームブランド、というケースがよくあります。ですから私が購入するのは、スーパーのホームブランドばかりです。またこのホームブランド商品は、値段の変動が少なく、一度把握してしまえば他の商品との比較基準にすることができ、とても便利です。

最初は時間がかかるかもしれませんが、慣れると簡単ですので、ぜひ「キロ単位価格」を一緒に観察してから購入することをおススメします。