貯蓄に必要なのは、一週間分の使えるお金を決める事

貯蓄ができない人の特徴として言い訳が多いというのがあげられます。今月は誕生日があったから出費が多かったなど貯蓄できない理由を正当化する方向があると思います。貯蓄ができる人は、出費があっても他で調整し、絶対に無駄な出費をしない人だと思います。どんな理由があろうと出費を抑える事が貯蓄する秘訣です。

貯蓄するには、使えるお金を封筒に分ける事と一週間分の家計簿をつけることが大事だと思います。家計簿はあまり細かくつけ過ぎると疲れてしまうので、大雑把で良いのですが、いくらお金を使ったかを把握することが大事なので家計簿は必要です。まずは一週間で使えるお金を封筒に入れて、絶対にそれ以上は使わないようにします。

もしも使ってしまっても翌週で挽回すると良いでしょう。我が家の場合は一週間1万円と使えるお金を決めて、その中で食費、雑費、衣類、娯楽と何に使っても良いので1万円と決めています。例えばほしい洋服があり、洋服が2千円だとしたら我慢せずに買って、その週は残りの8千円でやり繰りします。

そうする事でストレスがたまりません。家計簿も細かく付けずにその週にいくら使ったかを把握すると無駄な出費を抑えられるので、ずぼらでも貯蓄ができるようになります。