チリも積もれば山と陥るコーヒーフィー

サラリーマンので、昼下がりに喫茶店でコーヒーを楽しまれる皆さんは結構多いものです。喫茶店のコーヒーは安くても300円程度で、週日に20日間/月収、こういう喫茶店を利用すると6000円/月収、72000円/時期もコーヒー代に並べる事になります。
四六時中、300円ではありますが、チリも積もれば山と変わるで、大いにお金を使って要る部分に又もや気づきます。しかし、昼下がりのチャンス、ホビー品であるコーヒーを楽しむしきたりはとどまる事は辛いものです。
そこで、コーヒー自身をコンビニエンスストアの100円コーヒーか、マクドナルドの100円コーヒに代えて見ればどうでしょう。コンビニエンスストアコーヒーを公園のダッグアウトで寛ぎながら飲み込むのも意外と気晴らしできて有難いものです。気象が悪賢い時や、ミッドサマーや真冬は、マクドナルドのコーヒーを楽しむと良いでしょう。
これで、月に200円*20日光=4000円、年間で48000円も減少できるのです。四六時中200円を浮かせても、小銭書き入れに入れていると別の目的で簡単に無くなってしまう。そこで、社の客席の持ち出しに、予定蓄積用の蓄積ケースを忍ばせ、そこに四六時中値鞘の200円を閉じ込める事がポイントです。
いかなる減少も、浮いたマネーを確実に預貯金に回す事が重要で、そんな日々のわずかなマネーも同様なのです。こういう予定蓄積を組み合わせる事で減少は完結するのです。