生命保険の費用を節約しようと思ったら火災保険も…

生命保険で、県民共済に入っているのですがもう一緒に住んでいる母は高齢ですし万が一自分が先に死んだとしてもそこまでお金を残す必要がないと思い、入院とか病気の際に必要な型にしようと思いました。

入院したときにもう少しお金が出るようにするか、それとも死亡保障だけ別にして入院や病気の際だけの費用に回して現在の保険料を安くするかを考えて、後者にしようと思って変更したいからと、電話をかけて書類を送ってもらたのです。これで2000円ぐらい節約できますが、それとは別に気が付いた事が有りました。

共済には、火災保険が付いているのですが、それが新火災保険に変わっているということどうして変わっているのかを、電話で聞くと名称だけで中身はかわっていないということでしたが、書類を見て他の火災保険で建物自体と家財にかけている場合は、いくら出ますといったところに注意書きが…

それを見ると、他の火災保険に入っている場合、それを除いた金額を書いてくださいとあります。

確認したら結局、上限ぎりぎりまで申請してもそれを除いた金額しか出ないと言われ、少ない金額を書いて申請をしたのです。

節約できたのは、生命保険の2000円と火災保険の200円余りでしたが年間にすると20000円強となります。後契約書は、定期的に何回も見直した方がいいですね。