広く細く解る趣旨

節約する上で、初めてほとんど自分が何とか稼ぎがあってかりに消耗があるのか、
生計簿をつけて見る結果節約につながるという案件。
でも当然、それだけでは状態を分かりストレスになる人のほうが大半で、
最初は節約できても、敗走やる他人は多いとおもう。
じゃあ節約する上で何が重要かと言うと、
生計簿を塗りつける中で自分が一日規準いくら用いるかというパーツを、
把握し肝要最低限の生活費をわかることに起こる。
そこから自分が1年にどれだけ使うか計算してみると、
あまり余裕のある他人が大半だと想う。
毎日毎日を記録し、毎日毎日のこれからのことを考えながら節約するという見解もあるが、
全体を分かり、自分に案の定どれだけの余力があるかということを知れば、
心境に余剰もできるし、どこをどうして削れば節約になるかという見解も、
なるだろうとおもう。
こういう全体の全部を踏まえたところで、一日に自分がどれだけ節約しようというアレンジを、
することができる。
具体的には、一日の身の回りクオリティはさほど貫くと思うので、
衝動的な消費や、案件をちょこっと燃やすだけで大抵が解決する。
塵も積もれば山々と繋がるが、上記の大きな消費が一つ鎮まるだけでも、
規準すれば、毎日の節約と同じ位の効力が貰えるだろう。
まずは全体を知ることから、何ができるか節約の一歩を策することが、
効果的な節約手法と当てはまるであろう。

節約・貯金の最大の敵から身を守る方法

直接的な節約でも貯金法でもありませんが、突然の出費に悩まされなくなった方法と紹介します。

方法はとてもシンプル。封筒を用意し、月に数千円ずつお金を入れていきます。私の場合はまずはレジャー費と冠婚葬祭費として2枚の封筒に毎月5千円ずつ積立てました。旅行やディズニーに行く時などはレジャー費の封筒から、冠婚葬祭のご祝儀・香典やそれに伴う経費、友人や家族への誕生日プレゼントなども冠婚葬祭用の封筒から出します。

封筒のお金だけでは足りない分は銀行から下ろしたとしても、一気に全額を支払う場合に比べると家計に負担が少ないので貯金のペースが崩れにくくなります。どちらも5万円ほど貯まったら積み立てをストップして減ったらまた積み立てを開始する、というルールで運用していますがだいたいその前に使用することが多いのでストップはほとんどしていません。

この方式は何にでも使えます。今では医療費、洋服代、家電買い替え費用などいろいろな用途で少しずつ毎月積み立てているので封筒内のお金を合計すると20万くらいになりますが、封筒ごとの用途で考えるとどれも十分とはいえない金額です。昔はこれらをすべて突発的な出費として処理していたことを考えるとその当時お金が貯まらなかったのは必然だったと言わざるをえません。

貯金がなかなか貯まらない、という人は節約方法や貯金方法を試す前にこうした余裕資金を作るところから始めてみてはいかがでしょうか。

我が家の節約と貯蓄はこんな感じです

うちの家系は今、全くといっていいほど貯蓄がありません。なぜかというと、できちゃった婚なので準備資金がなかったこと、旦那さんのお給料がかなり下がったこと、自分が今仕事をお休みしているし、復帰したとしても小さな子供がいるので働く時間は短いため、安いお給料しか貰えないことなどがあります。

なので今は毎月がギリギリの生活で毎月足りない状況なので、貯蓄をしている余裕がなく困っています。とはいえ、子供もいますので、子供にはお年玉やなにかのお祝いなど親戚やおばあちゃんなどから貰ったお金などを、子供には貯めてあげています。

家計に余裕が無いからこそ、そうゆう臨時収入を少しづつ貯めて頑張っています。節約の意味では、お風呂の残り湯で洗濯をするようにしたり、お風呂のお湯を少し少なめにためるようにしたり、お互いの実家から支援を受けたりしています。例えば、お米やトイレットペーパー、ティッシュや野菜、お肉、うちには赤ちゃんがいるのでオムツやおしりふき、などなど少しずつ分けてもらったりして食費や雑費を節約しています。

こうすることですぐには無理でも長いスパンで見て貯蓄に繋がっていくんじゃないかと思います。子供の分も貯めておいてあげたいので頑張りたいです。

気持ちにゆとりを持った節約生活のすすめ

節約にとらわれて心が窮屈になると、ストレスになるといけないのでなるべく無理をしない方が節約生活は続く。

安いものばかりを買うのではなくて、自分にとって価値がある物や事ににお金を使うようにする。

後は要らない物を再利用したり、リサイクルショップ等を利用するとちょっとした小遣い稼ぎにもなるので便利だ。

ヤフーオークションや、メルカリなども取り入れると、なお良いと思う。

不要になった物もお金になるし、余計な物を買わないようになる。

何かを1つ買ったら、不要になってる物を1つ処分するようにする。

そうすると家の中が物だらけにならずに済むし、すっきりする。

たまには贅沢をして、好きな食事をするのもいいと思う。

がんばって節約した自分に、ご褒美をあげるのも気持ちに余裕が持てることになる。

何か欲しいものがあって、すぐに買えない時は、ネガティブに考えずに今はまだ時期ではないと考えておく。必要な物や事は、ちょうどいいタイミングで自分にやってくると信じておくといい。

節約してお金を貯める事ばかりに意識を向けずに、上手くお金を使うことを学んだ方が気持ち的に余裕が持てるようになる。

無理してギリギリ出来る事はいつかストレスになってしまうので、たまには失敗しても自分を責めないようにする。

実際にやった食費を削る方法、やりたくないと思った方法

食費って、質や栄養を問わなければかなり削れるんですよね

味を気にしなければ食材のランクを落とせばいいし、栄養度外視でお腹が膨らめばいいならパンの耳などタダで手に入るもの食べればいいのです

極端な話、食べなければ食費はかかりません

自分や家族がどこまで許容できるかです

でも、食事を疎かにすると後で病気になったり倒れたりして余計にお金がかかりますし、美味しいご飯は活力の元です

そこで、栄養は確保しつつ味を落とさなかった方法をご紹介します

【野菜クズの有効利用】

棄てているネギの根っこや野菜の芯、ヘタなど、棄てるなんてもったいない!

水につけたり土に植えたりすれば再生してくるものが多いです

葉野菜や根菜はたいてい何らかの方法で再生出来ます

また、スペースがあるならニンニクやジャガイモなどは1つ(一片)植えておくと増えます

それぞれの野菜で調べてみてください

また、野菜クズで出汁を取ると美味しくて健康にもいいですし、大根や人参の皮などは金平にするなど、工夫次第では棄てるはずだったところも食べられます

皮の方が栄養があるものもありますので、是非お試しあれ!

(でも、日に当たって緑になったジャガイモの皮などは食べたらダメですよ)

野菜クズは工夫次第で食費削減やもう一品になる節約の味方です

農家さんに感謝しつつ無駄なく全て有効活用しましょう!

節約と貯蓄

私は、浪費家なほうだと思います。ほしいと思ったものは衝動買いしてしまうこともしばしばでした。買い物することでストレス発散しているような節さえありました。こんな私が節約、貯蓄を考えるようになったきっかけがありました。それが結婚です。

独身時代は、好きなだけ自分のお金を使えていましたが、結婚してからランチ代を節約しお弁当を作ったり、外で飲み物を買わずに家から持っていくことが習慣になりました。とはいえ、最初は辛かったです。我慢することがストレスになり、体調を崩したこともありました。

しかし、いずれは通らなければならない道。辛抱強く続けていると、だんだんと節約が楽しくなってきました。飲食店に行った際は、必ずクーポンがないかどうか退店までに確認したり、ポイントカードが使えるお店では、必ずポイントを貯めています。

目に見えて数字が増えていくと嬉しいものです。次第に自然と衝動買いのような買い方をすることがなくなってきました。もちろんセール品で安ければ話しは別ですが。。安ければ買うことはありますが、今までとは比べものにならない程度です。

楽しく節約、貯蓄ができるようになるまではストレスがありましたが、乗り越えられればかなり達成感がありますよ。

楽天の会員になって節約に繋がった事

楽天市場は、誰もが知る、ヤフーなどと並ぶ総合通販サイトですが、楽天の会員になるだけで、通販以外でお得になる情報をまとめてみました。

1.楽天ポイントの実店舗で利用出来るお店が急増中

楽天ポイントは、買い物やメルマガクリック、アンケート、キャンペーンなどで簡単に貯められますが、以前は、楽天ポイントの利用は、楽天市場のみに限られており、楽天ポイントを貯めてもなかなか使い切れませんでした。

現在は、実店舗で利用出来る店舗が増えていて、ツルハドラッグやダイコクドラッグといったドラッグストア、百貨店の大丸でも利用出来ます。また、最近では、楽天ペイのアプリの利用に限りますが、コンビニのローソン、ナチュラルローソン、ローソンストア100でも利用出来るようになり、期間限定ポイントが上手く使い切れるようになりました。ただ、楽天ポイントの利用可能店は随時入れ替わりがあるので、確認が必要です。

2.楽天会員限定クーポンで、無料でドーナツをゲット

楽天会員で、メルマガ会員限定になりますが、毎週土曜日に、ミスタードーナツのドーナツ1個の無料クーポンが配布されています。キャンペーンは、過去の実績だと、6月と9月に行われ、毎週指定のドーナツ1個が無料で交換出来るクーポンの配布がされていました。

これからも考えて、節約しようと思います。

貯蓄を増やすのにどうすれば良いか、たまに考えることがあります。

一番手っ取り早いのは、収入を増やすことと節約することです。

目に見える形で、収入を増やすこと、利息がより良いものに切り替えるにも、取り組むことは良いことですが、昨今難しいものがあります。

更に貯蓄するには、やはり節約になります。

私の場合は、通信費と電気代が大きいと思います。

通信費をさらに抑えるには、現在も使っている携帯電話の料金体系の見直しだと思われます。

外出時のネット利用は、格安SIMを使っていますし、家でのインターネット利用を使う際の料金はこれ以上削れないことがわかっているからです。

プロバイダ・光回線の料金プランは、通信事業者に問い合わせて、有料オプションがないことを確認したのです。

合わせて、生活習慣も変えるようにしました。

夜は今までより早めに寝るようにして、電気代を少しでも抑えるようにしました。

ここで携帯電話の料金プランを変えたら、かなり出ていくお金も違うのではないかと思います。

節約には、生活の一部を変えてみること、これで良いのか考えることが必要であることがここ最近よくわかりました。

今までは、欲しいと思ったらすぐ買うようにしましたが、最近はもう少し考えてみるようにしました。

買うのを延ばしてみるのです。案外買わなくても良かったものが、結構ありました。

気持ちの癖を直すことで、少しだけ出費も減っていったように思います。

節約するには、今の気持ち・習慣を切り替えることが大事だと思うようになりました。

最近、少し節約癖がついてきました。この癖は大事にしようと思います。

節約=シンプルな生活の楽しさ心地よさ

“引越しで私の生活が180度変わりました。
引越しのため余計な荷物を大量に捨てたので、とてもスッキリとしたこぎれいな生活が自然にできるようになりました。
そうしたら、不思議と金運が向いてきて「お金は汚いところを嫌う」というのはある意味本当だと実感しました。

そんな時に目にした本が「普通の人がけちけちしなくても毎年100万円溜る59のこと」という本です。毎年100万円を貯めようとも思いませんが、生活の暮らし方の知恵が込められているのかも、と思って購入しましたが、やはりそうでした。

生活の無駄に関しては、私自身無駄を省いた生活をしていましたが、目から鱗だったのは、旅行などで家を4.5日開けるときは新聞をストップしてもらうと割り引いてもらうこともあるし、溜まった新聞を見て「この家は留守」と、空き巣に目をつけられることが避けられるとか、郵便局に連絡をしておくと、局にストップしておいてもらえるので、ポストに郵便物が溜まるのが避けられるなどです。
無駄を省くと同時に留守中の安全にもなるこの方法や、クレジットカードの還元率はどこも同じというわけではないので還元率を見て選ぶなど、節約ができる賢い生活が参考になりました。

今は2人以上の家庭でも貯蓄が0の家庭が多いようですが、年収1,000万円以上でも貯蓄が0の家庭もかなりあるようです。
お金では幸せは買えませんが、何か困った時に貯蓄が0では惨め感が2倍にも3倍にもなります。
ケチケチしなくてもきちんとした生活をしていると、それなりに貯蓄ができることをあらためて感じると同時、毎日が気持ち良く過ごせるのでおススメです。”

クレジットカードはやはり節約の敵

みなさんはクレジットカード持ってますでしょうか?

私はかれこれ10年くらいクレジットカードに頼りきりで生活しています。ポイントがついたり、特典がついたりメリットも多いです。

しかしこの10年を振り返ってみると、以前に比べてお金に追われているなと感じることが増えました。

経験されている方もいらっしゃるかもしれませんが、給料日後にカードの引き落としで使えるお金がほんの少しだけ残り、足りなくなってまたカードを使うという無限ループです。

幸い私の場合はリボ払いやカード複数使用で残高不足などの経験はありませんが、現金の時に比べて余裕がなくなっているのは事実です。周りの友だちもカードの支払いで日々の生活がカツカツな人って結構いるんです。

そこで、カードの使用をたまに一ヶ月辞めると驚くほどお金が手元に残るようになります。

お得なサービスが付いてるのになぜこのような現象が起きてしまうのでしょうか。

少なくとも私の場合は頭でお金の計算はしているものの、カードのおかげで買いたいものがすぐ買える環境に慣れきっています。要するに買いたい時に我慢ができないのです。

これは精神的なお話なので、信じない人もいると思いますが、少しだけクレジットカードの利用を止めたら効果が実感できるかもしれません。

ぜひ試してみてください。

これが意外と節約の近道だと思います。