すぐ実践できる、家庭での節約方法

我が家の家庭においての節約というと、まずは携帯電話料金の見直しを行いました。携帯電話プランや契約会社の見直し、格安SIMにするかどうか等、検討しました。端末の分割払いがある場合は支払いが済んでから、また契約期間をしっかり確認し、解約料が出ない時期を選ぶといいです。携帯電話会社を変更するとなるとどうしても諸経費(事務手数料など)は掛かりますが、毎月の料金が下がるのであれば、長い目で見て節約になります。

地味なところでの取り組みでいえば、こまめに電気を消すこと。我が家では、人がいない部屋では必ず電気を消すようにしています。男性はそういうところが少し無頓着なように感じますが、私は主人に「電気から1円がパラパラ落ちていると思って」と話して協力してもらっています。家庭のトイレがウォシュレット対応の場合、トイレ使用後は蓋を閉めると、便座を温める電気代を節約も出来るそうですよ。

また冬はどうしても暖房が必要になります。エアコンの暖房機能の場合、弱で運転し続けるよりも、自動運転にする方が節約になるそうです。乾燥対策としては加湿器もありますが、我が家はそれで電気代が2万円を超えたことがあり、それ以来、洗濯物の部屋干しと乾燥が気になったときはお湯を沸かして加湿をしています。ガス代は電気代ほど急に上がらないように感じるので、お薦めですよ。

すぐに生活に取り入れられる節約方法、いかがでしょうか。

私の節約方法を実施した結果節約できました

私は一昔前はお金なんて稼げばいくらでもお金を使っても大丈夫というような考えを持っていました。しかし、私はずっと続けていた仕事をやめました。仕事を辞めたことによって当たり前ですが、収入を得られなくなりました。そこで私は節約を始めました。

節約をするといっても私は今までずっと働いてきてお金もそのぶんもらってきました。なのでお金に困ったことがなく節約をするという考えがありませんでした。そこで私はまずは水道光熱費から節約を始めてみようと思いました。水道はお風呂に入る際はずっとシャワーを出しっぱなしにするのではなく、その都度止めるようにしました。

電気はそこらじゅうの部屋の電気をつけっぱなしにしていたり、浴室乾燥をしていたのですが、それもやめなるべく外に干すようにしました。ガスは食器などを洗うときは暖かい水ではなく水で洗うようにしました。そのようになんやかんやしているうちに、節約前には一月に2万円弱光熱費がかかっていたのが今では一万円弱と一万円ほど節約することができました。

今は、他の部分で節約できることがないかを探しています。携帯代や食費などのどうにか工夫すれば安くなるものはなるべくはやめに安くしていきます。