無料の水で、節約

今日は、わたしが日々行なっている節約術についてお話しようと思います。

一部のドラッグストアやスーパーの隅に、給水機が設置されているのに気付いたことはありますか?

お店で専用の給水ボトルをもらえば、いつでも無料で水を持ち帰ることができるんです。

給水ボトルの購入時だけ、数百円のお金がかかります。しかしその後は無料なので、お茶や水のペットボトルを購入したり、家で水を煮沸することを考えれば、遥かにお得になっています。美味しい飲料水が持って帰れたり、給水機でボトル洗浄もできたりと、性能も高くなっています。

わたしは以前、毎日のようにお茶や水を購入していました。できるだけ安く買えるようにディスカウントストアなどにも行きましたが、毎日のことなのでばかにならない金額でした。

そんな時に、新しくオープンしたドラッグストアで給水機の案内を見て、さらにその時はボトルが無料で配布されていたので、飛びつきました。

近所にお店があると気軽に寄ることができますし、今まで飲み物にかけていたお金のことを思うと、毎月3000から5000円の節約になっています。

きれいな水なので、お米を炊くときや、調理にも使うことができて、家事も気持ちよく取り組めるようになりました。

ぜひ、近くのスーパーなどをチェックしてみてください。

食品の買い出し節約術

私の家族は主人二歳児の娘と私の三人なのですが、二歳児の娘の食欲が凄くてすでに幼稚園児くらいの量をペロリと完食してしまいます。

当然食費もうなぎ登り、でも幼い娘の口に入る食材は国産の物を買いたいと思ってしまう。

いつも買い物をするスーパーは火曜日に肉の特売、木曜日に野菜の特売をするので広告でチェックして買い物メモを作り、買いたい物の項目のところに広告に載ってる値段も記入します。

例 ほうれん草(98)

こうすることによって、安くても新鮮な食材を買えるし余計な買い物もしなくて済みます。

キャベツは半玉で買うと切り口のところから痛んでしまうので一玉購入してキャベツの芯をくり抜き濡らしたキッチンペーパーを詰めて軽くラップをかけて袋に入れて野菜室に保存します。

こうするとキャベツは一週間は新鮮でパリパリな状態で食べれます。

ちなみにクックパッドからの情報源です。

一週間の献立を考えて必要な材料をメモに書き出してから買い物をする。これだけで無駄な買い物がぐっと減ります。

買い物もれもないので無駄手間も省けるし、ついつい余計な物を買ってお金足りないよーということもなくなりました。

節約はするけど美味しいご飯も食べたい。

この買い物節約術で夫婦2人のときより食費が減っている我が家です。