節約における自炊のポイントについて

節約するのにぱっと思いつくのは、食費を削ることなのではないかと思います。

外食するよりも自炊をするほうが圧倒的に安くなります。しかし、自炊は手慣れていないと無駄な食材を買ってしまったり、食材を腐らせてしまうことが多いのではないかと思います。

私も、最初は食材が余ってしまって腐らせてしまったりということが多々ありました。自炊をするなかで、分かってきたポイントを2つ紹介します。

1つ目は、食費の予算を決めます。そして、予算を4で割って、それを1週間分の食費に当てましょう。例えば、予算2万円なら1週間の予算は、5千円です。スーパーに行く日は、1週間に1回程度と決めて買い物に行くと、無駄使いを防ぐことができます。

2つ目は、食材の冷凍術を学ぶことです。特に一人暮らしでは、人参1本ですら消費するのは大変です。安いからといって3本も買ってしまうと、消費するのに、なかなかの時間がかかります。場合によっては、消費する前に腐ることでしょう。そのため、冷凍できる野菜は冷凍してしまったほうが良いと思います。人参、ブロッコリーなど、予想以上に冷凍できる野菜がたくさんあります。ネットやレシピ本で調べてみてください。

あまりストイックになりすぎず、楽しく節約しましょう。

農作物直売周辺をフル活用して食費を省エネルギー!

地元の通路のターミナルや農作物直売部分、農家さんのおうちのさっきで販売されている野菜提供などをフルに活用すると
大幅に食費を節約することができます!

一年中普通に超絶で野菜やフルーツを購入していると、野菜高騰期などには1つ1つのお額が激しく
高くなっているのですが、農家さんが直販できる直売部分だと長時間あるのにお額は
お財布に優しい予算なことが多いのです。

勿論カタチも不揃いだったりするために、訳あり野菜も入っていたりしますが、それもまた楽しいものです。

訳ありや少しだけ負傷がある野菜などは大きく大きな徳用大袋にされて販売されていたりも講じるの
で、わずか100円でたっぷりの野菜がゲットできたりするものです。

無論季節の旬の野菜なので栄養分価も高いですし健康だ。こんなタフ野菜が安くゲットできるなんて
いいことづくめですね。

お肉やお魚と一緒にたっぷりの野菜やフルーツを取るライフスタイルは生活習慣疾病防止にもつながっていくので、将来的な
医院価格カットにもつながっていくとも考えられます!

たっぷりと旬のベネフィットを人体に取り入れて健康的な生活を送りつつ、敢然と食費のカットにもつなげて赴き、
有意義に軍資金を貯められると素敵だなと思うのです!

預金の目安と食費のカット

先行き不安な全国、できる限りマネーは預貯金に回したいところです。
ではいかほど預貯金に回せばよいのでしょうか?
理想の預貯金額はずばり給料の2割だ。たとえば手取り16万の方だったら
約3万預貯金に増せばすばらしい見積りになります。
月収3万円、結構著しいとおもう方もいるかもしれませんが、身の回りを工夫するだけで
そこそこ簡単に捻出することができます。
本当に最高引き下げの効果のある食費を節約することから始めましょう。
毎日の真昼をコンビニエンスストア弁当からオリジナル弁当にすると
400円から200円くらいになるので、約200円の引き下げになります。
月々だと約20太陽は会社で会社で真昼を食するとして200×20=4000円の引き下げになります。
通年だと約4万8000円。もっとコンビニで配達を始めるをやめて割引等が生じる
アメイジングで配達をすると約2万の引き下げ。
上の件数と合わせて6万8000円も節約することができました。
6万といえば本当に大きな売値だ。毎日の真昼をオリジナルにすること
コンビニでの配達をしないこと、とも手軽にできて引き下げ効果が高いので
皆さんも必ず実行してください。

食費の節約の仕方

最近は知る人が多くなってきているようですが、夜スーパーに買い物に行くと賞味期限の短い生鮮食品やお惣菜などの加工食品が割引になっているお店が多いです。

加工食品はその日のうちに食べなくてはならないですが、生鮮食品なら冷凍保存しておけば昼間買うより断然お得です。お店によって割引始める時間や割引率はちがいますが、何度か通えばわかるようになってきます。

ちょっとずるい手ですが、賞味期限が短く割引されるだろう食品を割引シールを貼り始める少し前に確保しておき、シールをはりはじめたら店員さんに見せて割り引いてもらうと欲しい商品が手に入りやすかったりします。夜割引されている生鮮食品はお肉とお魚です。

野菜類は昼間から普通の陳列棚とは違う場所に置かれています。やさいは保存しにくいものが多いのでその日か翌日までにつかいきれるものを選ぶのが無難です。せっかく安く買っでも腐らせてしまったらもったいないだけです。保存方法によっても節約はできます。

冷蔵庫に入れた方が良いものもあれば、常温保存の方が日持ちするものあります。スーパーの保存の仕方が参考になると思いますが、根菜類はビニールに入れっぱなしにするよりも新聞紙などで包んでおくほうがもちがいいですし、玉ねぎなどは吊るしておくだとかなりひもちします。もやしは賞味期限がとてもみじかいですが、タッパーなどに水につけて冷蔵保存すると5日くらいもちます。ただし栄養分はぬけてきてしまうそうですが。

あまり大量に使わない大葉も塩漬けにすると長持ちします。